【経審】監理技術者講習の有効期間の取扱いの改正

監理技術者講習の有効期間がのびた❓

大阪府では令和4年8月15日から、経営事項審査における監理技術者講習(監理技術者資格者講習)の有効期間の考え方が変更になりました。

  • 改正前:監理技術者講習を受講した日から5年間有効
  • 改正後:監理技術者講習を受講した年の翌年の1月1日から5年間有効
改正前      
   2022年6月1日に受講 2027年5月31日 
 
有効期間は、受講日から5年間
 
   
改正後      
   2022年6月1日に受講 2028年12月31日
 
有効期間は、受講日の翌年1月1日から5年間
 
 
|  2022年|  2023年|  2024年|  2025年|  2026年|  2027年|  2028年
監理技術者講習の有効期間の取扱いの改正

有効期限が受講日の翌年1月1日から5年間となったことにより、有効期間がのびるだけでなく、管理がしやすくなるというメリットがあります。また、更新の年のいつでも受講してよいため余裕ができますが、逆に年末は更新者が増えるかもしれません。