大阪府の宅建関係の手数料はコンビニ納付できる

大阪府では平成30年10月から、大阪府証紙が廃止となり、手数料納付に変更となっています。

新型コロナの影響で、申請関係は郵送が原則

先日お知らせしましたが、現在大阪府では建設業許可や宅建業免許等の申請関係は、原則郵送となっています。その際の手数料納付ですが、宅建関係に限っては、コンビニ納付も可能です。

手数料をコンビニ納付できるコンビニ

府が契約する収納代行事業者が提携(契約)するコンビニで納付できます。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ

ローソン・ファミマ、ミニストップでは、手数料納付後、チケット(大阪府手数料納付済証)が発行されるので、申請書を提出する際に併せて提出します。または、チケットに代えて、支払案内メール・支払完了メールに記載されている「申込番号(C+9桁の数字)」を、申請書の余白に記載することもできます。

別途、取扱手数料(納付者負担)が必要

便利なコンビニ納付ですが、取扱手数料が別途必要です。

大阪府コンビニ収納取扱手数料
大阪府コンビニ収納取扱手数料(大阪府ホームページより)