AppleのAirPodsを仕事用のヘッドセットにするとかなり便利だった。

行政書士の仕事にも欠かせないAirPods

この仕事に欠かせないのがBluetoothのヘッドセット
いつもiPhoneと接続して使用しています。

ただ、iOS10にアップデートしてからBluetoothの接続が安定せず、Apple純正なら接続状況が改善されるんじゃないかと、AirPodsを1ヶ月ほど探していたのですが、どこも品切れ&入荷未定で途方に暮れていました。

グランフロント大阪のau OSAKAで発見!

そんなとき、ふらっと立ち寄ったグランフロント大阪にあるauのフラッグシップショップである「au OSAKA」
ダメ元で在庫を聞いてみると、すんなり在庫ありとのこと。
しかも何個か在庫があるようで、即購入決定。
ショップの人は「一般の店って在庫がないんですか?」と言われるくらいキョトンとしてました。

あるところにはあるのです。
駐車場もこれを購入したおかげで2時間分無料。
まだ在庫があるかわかりませんが、穴場です。

AirPodsレビュー

早速開封して使用してみました。
これはいいです。

AirPods
AirPods外観

イヤホンの中にもOSのチップが入っているので、接続も心なしか安定しているように感じますし、通話音質も相手の方にクリアになったとも言われました。
両耳ありますが、片耳でも使用できます。

AirPods
AirPodsの片耳

使い方が驚くほど簡単

接続も驚くほど簡単です。
イヤホンケースを近づけるだけでペアリングが完了します。
イヤホンがケースに入っていると、ケースを開くとiPhoneに電池残量のポップアップが表示されます。
ケースはバッテリーが内蔵されていて、イヤホンを充電することができます。

AirPods残量表示
AirPodsのペアリングは驚くほど簡単

また、使用時にもウィジェットに残量表示されます。
右耳しか使ってないので、右耳だけ残量が減っています。

バッテリー残量がひと目でわかる

「AirPodsをさがす」機能もリリース予定

次期OSアップデートで「AirPodsをさがす」というアプリもできるそうで、最後に使った場所の表示や、イヤホンに残量があればどこにあるか表示、またはイヤホンから音を鳴らせたりもするようです。
すぐに失くしてしまうのでこれはありがたいです。

片耳だけでも購入できる

片耳だけ使っているので、片耳だけバッテリーの消耗が早そうですが、片耳だけの購入もできるようです。
確か7千円くらいだったと思います。
万が一、失くしても片耳だけゲットできそう。

今までのBluetoothヘッドセットはなんだったのか

これまで何台もBluetoothヘッドセットを買ってきましたが、AirPodsは桁違いに操作が簡単です。
耳に入れるとiPhoneと接続され、耳から外すとiPhoneとの接続がオフになります。
イヤホンをダブルタップするとSiriを起動、なんてこともできます。
ホント、今までのBluetoothヘッドセットってなんだったのか、と思うくらい。

なかなか流通量が安定しない人気商品ですが、iPhoneを使っている方は使ってみることをオススメします。