ソフトバンクでV字回復!」と言われた
唯一のPHS会社WILLCOMウィルコム)ですが、
このV字回復には裏があると実感したエピソード。

ウィルコムの通話し放題は、
この仕事でだいぶ活用させてもらいました。
今はメインだったauの話し放題を使うことになり、
わざわざウィルコムを使う必要もなくなりました。
ウィルコム、再び正念場ですね。

そのウィルコムですが、
安く使うために3年前に
1台持つと、もう1台無料キャンペーンや、
窓センサーなる無料のものを2台契約、
と合計4回線ウィルコムを契約しました。

窓センサーは全然使うこともなくて、
数カ月後に解約しちゃって結構です、
と言われていたので数カ月後に解約、
ということで、ウィルコムショップへ。
そうすると、すんなり解約と思いきや、
ネットで話題になっていたあの罠が待っていました。
それが「番号保管サービス」。
他社もやっているサービスではありますが、
留学等で使うもので、有料サービスです。

ところがウィルコムも本来は有料だけど、
キャンペーンか何かで1年間無料とのこと。
たぶん、これは公式には発表していなかったはず。
費用がかからないので番号保管にしときますね
的な感じで、解約手続きをしないのです。
「え?」と思いつつ、将来的にMNPできるかな?
と思ったので、そのまま番号保管にしました。
しかし、これが大きな罠なのです。

その罠が、「1年間無料」の部分。
私が受けた説明では「1年後に自動解約なので
と説明されたはずなので番号保管にしたのですが、
実は昨日ウィルコムを解約しようと思ったら、
自動解約がされていませんでした!
しかも、ショップでは「そんな回線はありません」
と言われる次第・・・・・・・・・・
でも私のマイワイモバイルでは表示されています。
この時点で引き下がってしまえば、
永遠に私は回線を契約したままです。

どうやら、通常の照会では見れない番号らしく
何か別の照会方法でようやく見つかりました。
4月に別のショップでもこれを確認したことがありますが、
そのショップも「そんな回線はありません
と言われたので、見れないのは嘘ではないのかもしれませんが、
そう対応するように言われてるのかもしれません。

これ、こちらから強く聞かないと、
永遠に番号保管で所有してることになりますよね?
強く聞かないと今回解約した2回線だけで終わってました。
この強く聞いたおかげで、番号保管2回線も無事解約。
1年を過ぎると、解約も無料で行えるそうです。
当たり前といえば当たり前です。
ですが、ショップ店員は手順をセンターに確認してました・・・
こうやって強く聞く人は少ないんですかね?

しかもこの番号保管、1年無料と書きましたが、
その無料期間中に主回線の支払い方法を変えたり、
解約すると違約金が1万円程度かかります。
そんなことは番号保管時には説明されてませんが、
番号保管の注意書きに小さく書いているのです。
ショップの言いなりで契約はダメですね。
でもドコモとかではそんなことほとんどないです。
ソフトバンク系は慎重にしないといけません。
親友は機種変と同時に説明もなくプラン変更されたり、
適用されるはずの割引が適用されていなかったり、
そういうトラブルが多いのがソフトバンク系です。
何度かもめてます。
嘘の説明をされたこともありました。
こちらが「○○○ではないのですか?確認してください!」
と言っても、センターに確認せずに嘘を伝えられ、
もう一度強く確認するように主張すると確認して、
「私が間違ってました」と言われたこともあります。

番号保管は多くの方々が体験談をブログに書いてるので、
現在はわかりませんが、横行していたものと思われます。
その番号保管利用者の多くが、解約後も番号保管のまま、
という人が多いのでは
ないでしょうか?
確かに、費用はかからないものの、
自分の知らない回線が契約されたままは気持ち悪いです。
やはり、解約できちんと清算しておきたいものです。

ウィルコムV字回復の裏には
もう1台無料キャンペーン」だけでなく、
番号保管サービス」も潜んでいるのだと
実感したエピソードでした。

今では毎月契約純増数を公表しなくなったので、
こういうことは新たにはやっていないと思いますが、
急激に契約者数が減るのは問題があるので、
こういった感じでショップレベルでは
番号保管番号を確認できないようにしている
(「確認できない」と言うように指導されてる?)
のかもしれませんね。

教訓、ソフトバンク系の契約は慎重に!

行政書士のブログが集まるサイトです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

フォームからのオンライン予約(相談予約専用)

フォームから簡単に相談予約が行えます。こちらのフォームは相談予約専用となっておりますので、「○○の場合は、許可が取得できますか?」「○○日までに免許申請は間に合いますか?」「○○について教えてください。」等のご質問・ご相談へのご回答は、デリケートな内容となりますのでメールではいたしかねます。お電話かご面談の上でのご回答となりますので、ご了承ください。

お問い合わせの注意事項をご確認のうえ、 「送信する」のボタンを押してください。

行政書士・大倉亮太

お問い合わせやご相談予約は、お気軽にどうぞ。
お問い合わせをいただいたからといって、しつこい営業電話をすることはございませんので、安心してお問い合わせください。

※ 各種勧誘やサービスの宣伝など、営業目的のメールは固くお断りいたします。

お名前(貴社名)必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせの種類(チェックボックスにチェックを入れてください。)必須
お問い合わせの内容(希望時間・予約内容の詳細など)

※送信後、正常に送信された場合は入力したメールアドレスに自動返信メールが届きます。しばらくたっても自動返信メールが届かない場合は、お手数ですがお電話をください。

※「送信前の確認画面へ」を押すと、入力内容の確認画面になります。内容が正しければ、最後に「送信する」を押してください。


回答が届かない場合

  1. 迷惑メール対策などでドメイン指定をされていない場合、回答メールが届きません。
    下記アドレス、またはドメイン(赤文字部分)の受信許可設定をお願いします。
  2. info@osaka-office-okura.com

  3. フリーメールをご利用の場合、回答メールが迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられてしまうケースがございます。
    迷惑メール・ゴミ箱フォルダ内のメールもご確認いただけますようお願いいたします。

お問い合わせの注意事項

メールでのお問い合わせにあたっては下記の注意事項をご了解いただいたうえで、お問い合わせください。

  1. メールで予約された方につきましては、返信メールが届いたときに予約確定とさせていただきます。
  2. 当事務所より送信するお客様への回答メールは、お客様個人宛てにお客様のお問い合わせにお答えする目的でお送りするものです。
  3. メールによる問い合わせは、相談内容の確認及び予約を取らせていただくためのものであり、メール上での相談に関するやりとりには応じかねます。相談は面談の形式を取らせていただきます。
  4. メールでのご回答が不達の場合またはお問合わせの内容によっては、電話での確認をさせていただきますので、必ずお名前及び電話番号のご記入をお願いいたします。
  5. お客様にご記入いただきました個人情報につきましては、行政書士の守秘義務に基づき行政書士 大倉事務所にて責任をもって管理し、第三者への開示や他の目的での使用は一切いたしません。
  6. 土日・祝日を挟んだ場合およびお問合わせの内容によっては、ご回答までに日数がかかる場合がございます。予めご了承ください。