2012年度宅建試験の合格点が発表されました!!

おはようございます。行政書士の大倉です。

どうやら、2012年度宅建試験の合格点速報で発表されたみたいです。

ずばり、33点だそうな(週刊住宅Onlineより)

2010年、2011年がそれぞれ36点ということもあり
今回は難化により合格点が下がるのでは?との
憶測が渦巻く中、やはり大幅な下げとなりました。

合格された皆様、おめでとうございます。
惜しくも不合格となられました皆様、次回がんばってください。

以下、週刊onlineの速報記事を引用しておきます。

12年度宅建試験、合格ラインは33問( 2012年12月04日 )
不動産適正取引推進機構は今年度の宅建試験の合格者を発表した。
合格ライン(合格最低点)は33問(登録講習修了者は45問中28問)だった。
合格率は16.7%(登録講習修了者は22.6%)で、前年度の16.1%を0.6ポイント上回った。
合格者の平均年齢は35.5歳。最高齢は東京都の83歳の男性で、最年少は奈良県の16歳の男性だった。
18歳未満の合格者は7人(男性6人、女性1人)。
職業別では不動産業が30.3%、建設建設関係10.7%、
金融関係9.7%。学生は9.9%、主婦も4.4%を占めた。