行政書士にも衝撃!土曜日の郵便配達を廃止検討

土曜日の郵便配達がなくなる!?

時代の流れとして仕方ないのでしょうか?
そもそも民営化が無理な話だったんでしょうか?

日本郵便

日本郵便が土曜日の郵便配達を廃止し、平日のみの配達を検討しているそうです。
ただ、郵便法週6以上の配達が原則なので、そう簡単には変更できないようですが。

ポストの集荷時間も激減・・・
窓口の開いてる時間も短縮・・・
今度は土曜配達廃止検討・・・

そもそも郵便事業を民営化する必要があったのか?
どんどん不便になってる気がします。

確かに配達の現場では人手不足の話をよく聞きます。
ちょっとでも無理して残業させれば、ブラック企業の太鼓判も押されてしまいます。
先日建設業界も人手不足と記事を書きましたが、どこの業界もそうなんですね。

役所宛の郵便、土曜日に届いて欲しい!

役所は土曜日は休みですが、土曜に届いて欲しいんです、行政書士的に。

土曜に届けば月曜に処理を始めてもらえますが、金曜に送ったものが月曜着となると、月曜の昼以降に着とかだったら、処理が火曜日になる恐れもあります。
そういう意味で、行政書士も動向が気になります。

レターパックやゆうパックは?クレカや電子マネーの解禁は?

恐らくレターパックは速達扱いなので、今回の検討の対象外だとは思いますが、速達の日曜配達の廃止も検討中とのこと。
ゆうパックは物流なのでまた別の話ですね。

急を要しないDMを隔日配達にしたり、信書郵便をヤマトや佐川にも解禁するなど、何かしら配達員の方々の労力を減らせたらいいですね。

ちょっと先になりますが、2020年2月からは、郵便窓口でクレジットカードや電子マネーのキャッシュレス決済が解禁になるそうです。窓口の手間は省けそうですね。