【写真付】奈良県天川村の「バンガロー貨車&ログ」さんに泊まりました

天川村に泊まろう!

先日、一泊二日で奈良県天川村に行きました。
夏休みの子供たちの思い出にと、せっかくなのでコテージにしました。
※掲載内容は2016年時点の情報です。

バンガロー貨車&ログ

お世話になったのは「バンガロー貨車&ログ」さん。
家族経営なので電話応対は「家族経営だなぁ」という感じで少し心もとない感じもややありましたが、現地でお世話になるととても親切でした。

コテージは川沿いの「リバーサイドコテージ」、山に面した「山のコテージ」、他に貨車とログハウスもあります。
貨車とログハウスは共同トイレとシャワー室のようなので、今回は川遊び満喫のために「リバーサイドコテージ」にしました。

リバーサイドコテージ(奈良県天川村)
リバーサイドコテージ

リバーサイドコテージは目の前が川なので、遊びたくなればすぐ川に飛び込めます。
天川は本当に水が澄んで美しいです。

リバーサイドコテージ前の川(奈良県天川村)
ちょっとわかりにくいですが、目の前の川です
(曇っていたので写真ではわかりにくいですが、かなりの透明感です)

それでは、ホームページだけでは情報が不足している部分があったので、感想がてらにポイントを書いてみます。

持っていった方がよいものは?

基本的に、消耗品は持参です。
なので、持って行った方が良いのが、台所用洗剤、スポンジが意外に盲点。
ティッシュはありませんが、トイレットペーパーはありました。

ちなみにテレビや冷蔵庫はあります。
キッチンもあります。

リバーサイドコテージの内装(奈良県天川村)
テレビや冷蔵庫、キッチンも完備

トイレはウォシュレットでした。
男子用便器もあります。
何気に男性には便利。
掃除が行き届いてるので綺麗です。

リバーサイドコテージのトイレとシャワー室(奈良県天川村)
男性用小便器もありました

また、このコテージは商店も経営されてるので、コテージにすぐの商店も利用できます。
立地的に村の中心部にあるので、コンビニっぽい商店も他にあります。

入浴は?

浴室はシャワーのみです。
ボタンで温度調節ができます。
シャワーしかないので、入浴したい人は「天の川温泉」や「洞川温泉センター」を利用すると良いです。

注意なのは「天の川温泉」は火曜日が定休、「洞川温泉センター」は水曜が定休だと思います。
また「天の川温泉」はちょっと狭めでした。

寝具は?

リバーサイドコテージは、寝袋が基本です。
わが家では水遊びのエアマットや、軽めの毛布等を持参しました。
コテージは寝袋が基本とはいえ、せめて布団があるとありがたいですね。
寝袋を布団代わりに敷くのもありかもしれません。

実は寝具で荷物がかさばってしまいます。

リバーサイドコテージの2階(奈良県天川村)
2階はこんな感じ
リバーサイドコテージの寝具(奈良県天川村)
寝袋等がありました

バーベキューは?

バーベキューサイトは、の用意を。
網やトングはあります。
食器や冷蔵庫もあります。
箸はないので持参した方がいいです。

リバーサイドコテージのバーベキューサイト(奈良県天川村)
コテージの目の前がバーベキューサイト!

ゴミは、村指定のゴミ袋をもらえます。
ブルーの袋が缶、グリーンの袋が燃えるゴミ&生ゴミです。
もらった袋に入らなければ、1枚150円で買います。

わが家のゴミは入りきりませんでしたが、お隣さんの袋に余裕があったので、あふれた分はそれに入れさせてもらいました。

リバーサイドコテージのゴミ袋(奈良県天川村)

あと、夏は虫が多いので、蚊取り線香や殺虫剤を。
虫がいなくなるわけではないですが、気休めにはなります。
夜は結構虫が暴れ回ります(笑)

花火はできる?

夜の花火は21時までに終わらせるのがルールです。
できるのは手持ち花火のみ。
打ち上げ花火は禁止だそうです。
当然といえば当然ですね。
花火が終わって21時半以降は静かにするのもルールです。

周辺の観光スポットは?

やはり「みたらい渓谷」ですね。
これは外せません。
水が想像以上にとてもキレイで、天川の写真は決まってみたらい渓谷です。

駐車場はいくつかありますが、駐車するとおばちゃんがどこからともなく来て、料金を収集します。
3時間で300円とかだった気が。
駐車場によって異なるとは思います。

コテージ前の川も十分透明でキレイでしたが、みたらい渓谷はさらにキレイです。
子供たちも大はしゃぎで泳いでいました。
まさに川遊び三昧です。

夏でも川の水はとても冷たいです。
大人も子供も上半身を覆うラッシュガード的なものがあった方がよいかも。

みたらい渓谷(奈良県天川村)
みたらい渓谷
みたらい渓谷(奈良県天川村)
透明感が抜群!

わが家はやっていませんが、みたらい渓谷~洞川温泉周辺の遊歩道を散策もいいかもしれません。

そして「洞川温泉街」もぜひ。
車で15分くらいのところです。
駐車場は洞川温泉センターに停めると良いと思います。
平日だと1時間100円程度だったはず。
川にはニジマスがうじゃうじゃ泳いでいます。
わが家は決まってハチミツをおみやげに買います。

阪口商店」さんという店で、今年はハチミツを実際に採取してる店主さんがいろいろ説明してくださいました。
味見もできるので、納得して選びます。

店に人がいないことが多いので、向かいの資料館の方に電話をかけてもらったこともありました。
やはり天川の方々は優しい方が多いですね。

その他

リバーサイドコテージは

  • au Wi-Fiスポット
  • ケーブルTV Wi-Fiスポット
  • Wi-Fiスクエア(Wi2 300)

のスポットです。
auやドコモの電波は入りますが、ソフトバンクはどうなんでしょう?
WiMAXは完全に圏外です。

リバーサイドコテージのWi-Fiスポット(奈良県天川村)
ルールを守って泊まりましょう

最後に、よかったところと気になったところをいくつかまとめてみます。

コテージに泊まって良かったところ

川が目の前!

入りたくなったらすぐに川に入れます。
川のせせらぎが常に聞こえるので、川のせせらぎで目を覚ますこともあります。

バーベキューサイトが目の前!

これはメリットでもありデメリットでもあります。
煙が部屋に入り込みますし、隣にも入り込むので、朝からバーベキューすると気を遣います。
これは花火にも同じことが言えます。
ここは隣の人に気を遣いましょう。

リバーサイドコテージ外観(奈良県天川村)
コテージ正面から

バーベキューサイトと駐車スペースに屋根がある!

山の天気は変わりやすいので、これはありがたいです。
ただ、トタンなので、大雨だと打ち付ける音が気になります。

駐車スペースがコテージの真横!

荷物運びが便利です。
駐車場との往復で苦労することはありません。

コテージに泊まって気になったところ

隣に泊まるお客さんが重要

コテージは5棟が隣接しています。
バーベキューサイトの一方は簾、一方は車で仕切る感じです。

わが家が泊まったのは5棟中の真ん中の棟で、両隣が若者グループだったので騒音が気になりました。
棟が完全に横並びでキッチリならんでいるので、これは運ですね。
わが家も子供が3人いるので、お互い様だと思っていましたが、深夜まで大声で騒いでいました。
※一応、ルールでは「21時半以降は静かに」となっています。

リバーサイドコテージのルール(奈良県天川村)
お隣さんが重要

階段のきしむ音が気になる

木造コテージなので、これは仕方ないです。
ただ、子供さんがいる家庭は、子供に足音を立てないように言うのは限度があるかも。
あと赤ちゃんの登り降りは危ないので、目を離さない必要があります。

リバーサイドコテージの階段(奈良県天川村)
階段はちょっと急

エアコンがない

実はエアコンがありません。これは盲点でした。
いくら天川村とはいえ、今年の猛暑は昼間は暑いです。
風が通れば涼しいのですが、やはりエアコンは欲しいですね。
特に2階は熱気がこもりやすいので。

虫が多い

これも田舎だから仕方ないですが、蚊取り線香や殺虫剤はあったほうが良いです。
でも子供たちに「虫くらいで騒ぐな!」と教育するにはもってこいでした。