うっかり建設業許可失効、偽造許可証で公共工事受注で逮捕

建設業許可証を偽造して公共工事を受注した結果

大阪府の話ではありませんが、建設業許可証偽造して公共工事を受注した、というニュースが先月ありました。

町に許可証の提出を求められて…

どうやら、建設業許可が失効して、そのまま公共工事指名競争入札に参加、町に許可証の提出を求められたので偽造したとのこと。
しかもこの方、町の商工会会長だったそうで…

逮捕

もちろん、これは有印公文書偽造なので、逮捕されています。
しかもかなり巧妙に偽造されていたようで、町もそのチェックの限界があったと言ってます。
町は今後、全件照合で再発防止を計りたいとのことです。

やはり余裕を持った許可の更新が大事ですね。